扉あけの日々の雑記

ドラマー梅津光司の日々の雑記です

ゆっくりと。。

台風一過ですね。何か毎回、「耐性」を試されるかの状況が訪れます。晴天時と荒天時の判断の切り替え方と、その両時の感性、行動力を併せ持つ「達人」には誰もがなれるわけではないですよね。

「ちょっとゆっくりしよう」という感覚で過ごせる日があったらいいな。

どうぞ、御聴き下さい。

 


OTG  ~colors#3~ Live in Tokyo 2017

記憶の書店

好きな場所に通っていたことが街の記憶になるのだろうな。

自分の東京、町田の記憶を今はなくなった古本屋「高原書店」が担っているのは間違いない。

様々な人が置いて行った「時間」を眺めているような気分で店内を歩いていた感覚を、まだ生々しく覚えている。

「もたないことだな」といった人がいた。

失ったときに大きなショックを受けるような「大切なもの」「大切な場所」「大切な人」を持たないほうがいい、という意味で言った言葉なのだと思う。

だが、そんなことは可能なのだろうか?

ボディーブローのように効いてくる「ズン。。」という喪失感に対処する方法はおそらくないのだろう。

今年の夏の味わいの一つとして、「喪失感」が記憶に刷り込まれた。。

 

f:id:tobiraake:20190806105802p:plain

 

f:id:tobiraake:20190806105848j:plain

 

f:id:tobiraake:20190806105907j:plain

 

f:id:tobiraake:20190806105927j:plain

 

時間、想い、、。

あのとき、あの曲で「時間の流れ」を感じて演奏していたのは確かだった。。

そんな思いでこのコラージュを作りました。

今回のフライヤーの裏面。「なにも、文章を載せたくないな」と感じ、これだけにしました。 フレンドリーではないけど、素直な自分だと思う。

www.umekku2016.com

 

f:id:tobiraake:20190718071938j:plain

Cafe... 。

二日間、インターネットカフェに通い、Web作業。

小ぎれいな個室で集中はできるが、気がつくと不思議な気分。

旅に行ったときのホテルにいる感覚なのだ。

この時間を日常にしないでおくのがよい。自分にとっては。。。

やろうと思ったことをかたずけて歩きはじめたとき、足に伝わる「歩く実感」が妙に心地よかった。

 

f:id:tobiraake:20190710001508j:plain

 

f:id:tobiraake:20190710001542j:plain

f:id:tobiraake:20190710001606j:plain