扉あけの日々の雑記

ドラマー梅津光司の日々の雑記です

え! ほんと!!

遅咲きの桜が咲く近所の道を歩いて、ウグイスの声を聴き、気分も軽くなっていたときに見つけた看板。

テニスコートの近くにある池に「まむし」がいるなんて!

キジがいるとの看板もあり、自分の住んでいるところの自然の深さを改めて感じました。

見慣れたイチョウの木の枝振りが良くなってきたので秋の紅葉も楽しみ!

まだまだここに住んでいたいな、という気持ちが強くなってきました。

よし、もうひふんばり、がんばるか!!

 

f:id:tobiraake:20190419145646j:plain

 

f:id:tobiraake:20190419145708j:plain

 

f:id:tobiraake:20190419145729j:plain

 

f:id:tobiraake:20190419145748j:plain

 

交流時間

日本人にとって「法事」は「天国にいった親族たち」との交流儀式です。

For Japanese people, "Houji" is an exchange ritual with "relatives who went to heaven".

そして普段、余り会わない「生きている親族」との交流時間でもあるのです。

And it is also a time to interact with "living relatives" that I don't usually meet very often.

 不思議なもので、若いときには苦痛でしかなかったこの儀式が、いまでは「落ち着く時間」になってきたのは予想外のことでした。

 親族皆が見てきた桜の木を眺め、田んぼの用水路の水の音を聴くとき、様々な時間を過ごす身内たちとの「根」の部分でのつながりを覚え、安息を感じる気分。

 桜の木の周りで戯れる娘と繋がる「根」を足下に感じながら歩く時間は、落ち着いた「気分の良いひととき」でした。

Thank you ancestors!

 

f:id:tobiraake:20190408000748j:plain

 

f:id:tobiraake:20190408000812j:plain

 

声 〜好ましいもの〜

好ましいもの あるくときに聞こえてくる子らの遊ぶ声

林の奧から聴こえる うぐいすの鳴き声

家のなかから聴こえる 赤子の泣き声も好ましい

熱を上げ 天井を見上げていたあの日の 階下の喫茶店から聴こえていた女学生らの話し声

白と黒の絵を観るときの 心の色の有りようなど いうまでもない

音のなかの色をみたとき その心はゆっくり満たされ 花のように開いていくのだ

 

f:id:tobiraake:20190407015413j:plain

 

Bridges ~ 送別会に寄せて

  今日は若い方々との送別会。ケーキもジンジャーレモンティーも美味しく、その場にいた皆の表情も素敵だった。そしてスーダンからの留学生とも今日でお別れだ。

 

 今年は「言葉」についていろいろ考える年だった気がする。

音で伝えれば問題ないだろうと考えて来た自分のやり方を、もっと温かい流れを相手と共有するために、やはり言葉は必要なのだなと心底感じた。

 

 目の見えない方とのコミュニケーション、そして海外の方、年齢差(人生の歴史の差)のある方とお付き合いできたことは、自分にとって本当にいい経験になったのだと実感している。

 区切りのついた日に訪れることにしている光脈筋の『橋』は「自分にとっての『時間の流れ』」を感じさせ、「溜まった澱(おり)」を流し去ってくれる。

 さあ、疲れきった自分をゆっくり快復させ、また新たな日々を過ごして行こう!

みんな! Good Luck !!

f:id:tobiraake:20190320004031j:plain


 

f:id:tobiraake:20190320004053j:plain

f:id:tobiraake:20190320004109j:plain



Tony Guppy Group!!

3/16 (土)は町田Into the Blue でTony Guppy Groupでした。

心地良いスチールパンの音を聴きながら、時には激しく、そして優しく、いろいろな気分になりながら演奏することが出来ました。

途中でTony Guppyによるスチールパンの解説の時間があったりして、彼の人柄(楽しく、真面目、でも人なつこい)にふれることができ、お客さまも満足してくれたようでした。

We had lot of fun time yesterday.  Peace!

 

soundcloud.com

雛の人形たち

今年もそこに飾られた人形達。

この人形をここであと何回見られるのだろう、と思いながら眺めて歩く。

男の自分は人形の顔を愛でることはしないが、この人形たちが飾られているこの空間が

とても気に入っている。

目の見えない子どもたちを見守ってくれているこの「空気感」が大好きなのだ。

 

f:id:tobiraake:20190227005755j:plain

 

 

「パパゴローゾ」さん 紹介

地元町田の隠れ家レストラン「パパゴローゾ」。

今日はこの素敵なイタリア食堂で誕生日の祝いをしてもらいました。

ご夫婦でやっていらっしゃるこのお店は、あたたかい雰囲気で料理もリーズナブルで美味しいんです!

 グレープフルーツサワーを飲みながら料理をいただくと、日々の疲れが溶けていく感じ。料理も本格的で食材のフレッシュさや丁寧な作り方が噛むたびに伝わってきます。

味わいとフレッシュさが共存しているってすごい。 マスター、かなりの手足れですな。

 臨月の奥さんに配膳してもらったのはすまなかったけれど、どうぞ元気な赤ちゃんが産まれますように。

 楽しく、美味しい一日のご報告でした。

 

◎「パパゴローゾ」さんの逸話や地図は以下をどうぞ。

https://ameblo.jp/kinkun-1216/entry-12370864595.html

 

https://tabelog.com/tokyo/A1327/A132701/13226887/dtlrvwlst/

 

f:id:tobiraake:20190202221523p:plain

 

f:id:tobiraake:20190202221606j:plain

 

f:id:tobiraake:20190202221656j:plain