扉あけの日々の雑記

ドラマー梅津光司の日々の雑記です

時間、想い、、。

あのとき、あの曲で「時間の流れ」を感じて演奏していたのは確かだった。。

そんな思いでこのコラージュを作りました。

今回のフライヤーの裏面。「なにも、文章を載せたくないな」と感じ、これだけにしました。 フレンドリーではないけど、素直な自分だと思う。

www.umekku2016.com

 

f:id:tobiraake:20190718071938j:plain

Cafe... 。

二日間、インターネットカフェに通い、Web作業。

小ぎれいな個室で集中はできるが、気がつくと不思議な気分。

旅に行ったときのホテルにいる感覚なのだ。

この時間を日常にしないでおくのがよい。自分にとっては。。。

やろうと思ったことをかたずけて歩きはじめたとき、足に伝わる「歩く実感」が妙に心地よかった。

 

f:id:tobiraake:20190710001508j:plain

 

f:id:tobiraake:20190710001542j:plain

f:id:tobiraake:20190710001606j:plain

 

決められる?

今日、演奏中にかなりの揺れを感じ、演奏を続けるかどうか考えながらの時間を過ごした。

千葉で震度5弱。

自分達のいる場所は東京町田市のビルの4階のライブハウス。出入り口は1つ。人の数は40人弱。演奏を止め、揺れのおさまるのを待ち、様子を見て続行かどうかを決めるか、それとも何気なく演奏を続けパニックを避けるように声をだすか?などと考えながらの時間だった。

結局、そうこうしているうちに揺れもおさまったが、これはただごとではなかったぞと、家に帰ってからまた考えた。

判断の仕方を状況や「揺れの程度、質」で段階的に判断し、どのように行動し、声かけ、誘導の仕方をどうするか事前に考えておくことが、人が集まる場所での常識になっているべきなのだなと痛感した。 早速マスターと相談します。

 

f:id:tobiraake:20190525210620j:plain

 

f:id:tobiraake:20190525210554j:plain

 

え! ほんと!!

遅咲きの桜が咲く近所の道を歩いて、ウグイスの声を聴き、気分も軽くなっていたときに見つけた看板。

テニスコートの近くにある池に「まむし」がいるなんて!

キジがいるとの看板もあり、自分の住んでいるところの自然の深さを改めて感じました。

見慣れたイチョウの木の枝振りが良くなってきたので秋の紅葉も楽しみ!

まだまだここに住んでいたいな、という気持ちが強くなってきました。

よし、もうひふんばり、がんばるか!!

 

f:id:tobiraake:20190419145646j:plain

 

f:id:tobiraake:20190419145708j:plain

 

f:id:tobiraake:20190419145729j:plain

 

f:id:tobiraake:20190419145748j:plain

 

交流時間

日本人にとって「法事」は「天国にいった親族たち」との交流儀式です。

For Japanese people, "Houji" is an exchange ritual with "relatives who went to heaven".

そして普段、余り会わない「生きている親族」との交流時間でもあるのです。

And it is also a time to interact with "living relatives" that I don't usually meet very often.

 不思議なもので、若いときには苦痛でしかなかったこの儀式が、いまでは「落ち着く時間」になってきたのは予想外のことでした。

 親族皆が見てきた桜の木を眺め、田んぼの用水路の水の音を聴くとき、様々な時間を過ごす身内たちとの「根」の部分でのつながりを覚え、安息を感じる気分。

 桜の木の周りで戯れる娘と繋がる「根」を足下に感じながら歩く時間は、落ち着いた「気分の良いひととき」でした。

Thank you ancestors!

 

f:id:tobiraake:20190408000748j:plain

 

f:id:tobiraake:20190408000812j:plain