扉あけの日々の雑記

ドラマー梅津光司の日々の雑記です

NYからようこそ!

この10月19日(金)にニューヨークから一時帰国ツアーの最中のピアニスト、「平木かよ」さんと東京でTrioで共演する。

 20年以上もグリニッチビレッジのライブレストランで演奏し続けてきたベテランピアニスト。

 カジュアルなライブレストランでの演奏は、音楽と「生きていること」の接点が大きい。つまり、それぞれの人が過ごしたその日の時間のなかで「音楽する」のだ。

そこにいけば「かよの音」がしているという空間で、皆が寛いでいる。

皆と自分のために演奏するという「微妙なさじ加減」を苦もなく計れるようになった彼女の話は興味深い。(youtube動画でお聴きください)

 そして実際に一緒に音を出したとき、自分がどんな心持ちになるのか。いまから楽しみなのです。

 

f:id:tobiraake:20181015235906j:plain

どうぞよろしく!

新しいことを始めるとき、いろいろ準備したあと、最後は「どうぞよろしくお願いします」と手をあわせる感覚って、みなさんもあるのかな?

不安に思うことを一つ一つ確認して自分を納得させつつも、やはりどこかで自分の手におえないものがあるということ。

街なかの神社にするすると引かれていき、いつの間にか手をあわせている自分がいました。

自分ひとりの存在は小さいですもんね。 でも皆で一からものを作る時間を得られたことを感謝します! 

f:id:tobiraake:20181011000656j:plain

 

f:id:tobiraake:20181011000716j:plain

日々是好日

先日亡くなった樹木希林さん出演の映画『日々是好日』を映画館へ。

普段馴染みの無い茶道の話だが、とても静かな映画でゆっくりと楽しみ、味わうことができました。

心のよりどころとしての茶道。これはさなざまな人がそれぞれに大事にしている『よりどころ』の大切さについてのお話でした。

味わい深い映画を観たあとは心がしっとりしますね。帰りにフェリー二の『道』を借りて帰ってきました。それは何故かは、是非この映画をご覧になるとわかりますよ。

 

f:id:tobiraake:20181007143122j:plain

小さい秋

 自分にとって、すこしくつろげる秋が到来しました。

今年は京都、奈良には行けないけれど近場の紅葉も楽しみ。

家の前のイチョウの木が色づくのを楽しむ、「小さい秋」を感じる日々もまたいいものです。

 「再会」が今年の自分の「キーワード」なのだな、とひしひしと感じながら過ごしている今日この頃。

 「再会」と「再生」の2018年。 なにか「大きなもの」に感謝しています。

 

f:id:tobiraake:20180930121742j:plain

 

猫の気持ち

最近、また家の周りで猫とよく会うようになりました。

彼ら(彼女らも)は本当に個性が違うようですね。

こちらが歩いていてもなにくわぬ顔で横切っていく猫や、声をかけると少し興味をしめしてくれたり。。

餌をやらずに、どこまでお近づきになれるかその都度試みております。

ちなみに今年も「黒猫ノロ ヨーロッパを旅した猫」の卓上カレンダーを早々とゲットしました。

来年も猫とよく会う年になりますように。(気が早いけど。。)

 

f:id:tobiraake:20180922231635j:plain

photo   ⒸAristcratic Horse

Music Man

何気ない街の景色や自分が歩いているときに見た道の様子が映像として蘇ってくるときがある。目を開けていても見えるその景色は、ある意味現実。

今とそのときを生きる時間が始まった。やっと身体が音楽になってきたようだ。

 

f:id:tobiraake:20180920071548j:plain

青い鳥

その青い色に「はっ」とさせられる鳥。「かわせみ」

短い間の田舎暮らしのとき、よく川で、餌を捕っては巣にいる子供のために往復する姿をみていました。

でも今はその青い姿を見なくても大丈夫。

この夏、子供のいっぱい食べている姿を見たり、一緒に横になって絵本を読んだりできたから。

また、ゆっくりだけど進んで行こうという気になりました。

「ありがとう、みーちゃん」 また遊びにきてね。

 

f:id:tobiraake:20180918231451j:plain