読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

扉あけの日々の雑記

ドラマー梅津光司の日々の雑記です

クラフト・エヴィング商會

クラフト・エヴィング商會』をご存じだろうか?『クラフト・エヴィング商會』とは、作家の吉田篤弘氏とその妻・吉田浩美氏によるアート、デザイン、本の装幀などを手がける創作ユニット。また、ユニット名がそのまま架空のお店であり、彼らで3代目という設定になっている。

 
 『それからはスープのことばかり考えていた』『空ばかりみていた』などは自分が吉田篤弘の作品を読むきっかけになった本だが、彼の懐はまだまだ深そうだ。「作り手」「構築家」「悩む人」といった紹介をしたくなる作家。
 
 今回紹介する本は『すぐそこの遠い場所』。
何も知らずに読み進めると、あとがきにまで欺かれるという、ある種、痛快な「変な読み物」だ。
是非どうぞ!
 

f:id:tobiraake:20160810232516j:plain